時事ネタ 紹介

AbemaTV通信料半分にする機能搭載、神エンコードとなるか

投稿日:

 サイバーエージェントは11月20日、インターネットテレビ局「AbemaTV」に「通信節約モード」機能を実装した。画質の劣化を抑え、モバイル通信データ量を半分にできるという。

通信量通信節約モード

 モバイル通信環境でのデータ通信量を節約できる機能。映像の画質劣化を最小限に抑え、モバイル通信推奨画質(最低画質)と比べ通信データ量を50%削減。1GBあたり約10時間視聴できるという。画質に応じて映像データを変換するトランスコード技術を採用。映像・音声のビットレート、画素などのトランスコードパラメータをチューニングしたとしている。メニュー画面の「設定」で「通信節約モード」をオンにして利用可能。

画質設定別の通信量比較

 画質別の通信量の目安は以下の通り。

通信量

  • 通信節約モード:1GBあたり約10時間
  • 最低画質(モバイル通信推奨画質):1GBあたり約5時間
  • 低画質:1GBあたり約4時間
  • 中画質:1GBあたり約3時間
  • 高画質:1GBあたり約1.5時間
  • 最高画質:1GBあたり約1時間

【追記:2017年11月20日18時04分更新 技術的な仕組みの説明を追記しました】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最近は意外とキャリアの容量増加や、エンタメSIMというYoutubeや特定のサービスは容量に加算しないという

SIMもありますが、まだまだ周りでは通信制限という声を聞きます。

昔はネット速度が遅かったので、いかにエンコードをうまくするか。

みたいな所がありましたが、そこから光回線が普及し使い放題だと思ったら

スマホの普及で、またエンコード技術が必要になったという・・・

 

Google

Google

-時事ネタ, 紹介
-, ,

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.