アニメ情報 時事ネタ 紹介

西武鉄道がオリジナルアニメ制作を発表、ご当地アニメは成功例が・・・

投稿日:

西武鉄道のオリジナルアニメーションが制作されることが決定した。西武線および西武線沿線の代表的な観光地である埼玉・秩父地域の魅力を発信する約20分(全1話)のアニメとなり、2018年3月から、西武鉄道公式サイト内での公開が予定されている。タイトルは後日発表。

同作は、お見合いをすることになった薫子が、幼いころに出会った名前も知らない少年との再会を願い、かつて訪れた秩父の名所を旅するラブロマンス。全席レストラン車両「西武 旅するレストラン『52席の至福』」や、渓流で著名な長瀞、芝桜で知られる羊山公園、秩父神社といった、秩父地域の名勝地が作中に多数登場する。また、英語やフランス語、中国語(繁体字)などの多言語字幕も作成され、世界中に向けて秩父地域の魅力をアピールする。

制作スタッフは、監督として「ディーふらぐ!」「境界のRINNE」の菅原静貴が登板。脚本は「ハイキュー!!」「僕だけがいない街」の岸本卓が担当し、アニメーション制作は「ルパン三世」「名探偵コナン」のトムス・エンタテインメントが行う。

11月19日午後6時から、秩父宮記念市民会館で開催される「ちちぶ映画祭2017」のクロージングセレモニー内で、同作の制作発表会が行われる。菅原監督と岸本が登壇してトークを繰り広げるほか、プロモーションビデオが初公開される。観覧は無料で、当日配布の座席指定券(午後6時25分上映開始)が必要となる。

ここ最近、出ては姿を消すご当地アニメです。

深夜アニメとしてではなく、活性化の為にアニメを作って大ヒットして

成功した例が無いので、大した活性化につながらないのではと思っています。

それに秩父なんて、ご当地アニメ作らなくても人がいると思いますが、それより

もっと過疎化が進んで、本当になくなっていくような所が頑張らないと意味が無いと思います。

やっぱり深夜アニメで舞台になるのが、一番効果があります。

Google

Google

-アニメ情報, 時事ネタ, 紹介
-, , ,

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.