アニメ情報

漫画「もしもし、てるみです。」アニメ化決定!

投稿日:

SNS疲れた水沢悦子が、同じ気持ちだろうあなたに捧ぐ。

マンガ「花のズボラ飯」の原作を担当した「水沢悦子」が「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて2016年3月から連載している「もしもし、てれみです。」のアニメ化が決定した。

アンチネットのポリシーを貫く電話会社「もしもし堂」の視点に努める中学生「鈴太郎」に一方的な恋心を寄せる日常コメディー。過去の恥ずかしい発言が永遠に残るなどとSNSやインターネットから遠ざかった生活をする「てるみ」さんを描く。

仕事中やごはん食べている時にふっと、
「もうスマホ/携帯もネットもない無人島に行っちゃいたいな~」って思うこと、ありますよね?
そんなあなたに本作を捧げます!
もうさ~、エゴサしたり、人のツイート見て地団駄踏んだり、朝起きてまずすることがどうでもいいネットニュースの深追いだったりするの、なんか疲れたよね。
本作を読んで、アンチネットの思いを深めつつ、てるみさんはじめ可愛い登場人物にネットで疲れた癒やされよう。
既読無視は厳禁、読んだら感想をなるだけ多くの機会に発言してね!この場合ネットへの書き込みも許可します。お願いします。土下座。

出典:http://amzn.to/2nDeY1A

現在単行本、1巻を発刊中ナンバリングが付けられているが、2月5日発売のスピリッツ10号を持って最終回となった。アニメ化としては異例で1巻という物語の「在庫」が少ない状態でのアニメ化だ。評価されていることが確認できる事でもある。また「このマンガがすごい!」(オトコ編)第1位、マンガ大賞4位などを獲得し、共感からの評価の高さが伺え知れる。

今後単行本が発刊されるかは不明だが、連載として80回まで続いたので単行本の発刊が遅れているだけと言えるだろう。単行本はフルカラーとのことでその絡みもあると思われる。

公式ブログにて2巻の発売は確定している、また2巻には連載には載らない「本当の最終回」が収録することが予定。

放映時期を含む詳細の発表は今後、同誌で発表するとのこと。

Google

Google

-アニメ情報
-, ,

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.