バイク・車

東京都、2040年までにガソリン車販売ゼロを目指す!

投稿日:

欧州や中国で電気自動車(EV)など次世代車への移行が加速する中、東京都は2040年代までに都内でのガソリン車販売ゼロを目指し、マンションなどでの充電設備設置の無償化などを行う方針を固めた。

新年度予算案に関連予算約10億円を盛り込む。脱ガソリン車の動きは世界的潮流で、都は国内での取り組みをリードしたい考えだ。

 国際エネルギー機関(IEA)によると、EVなどの累計販売台数は20年には最大2000万台に達すると予測される。英仏両国は昨年7月、40年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止すると発表。世界最大の自動車市場である中国も同9月、次世代車を一定割合生産するよう義務付ける「EVシフト」を国策とする考えを示した

読売新聞サイトより

大手まとめブログでは「無理だろう」とか言って煽ってますけど、これって意外といけるんじゃね?っていうのが管理人の意見です。

まず、今まで日本はこういった政策に対して、海外諸国に遅れ気味でしたが、今回は同じ2040年に”東京都”の”販売”台数ゼロを目指すのであれば行けると思います。

あくまで走っている車ではなく”販売”ですから。

上の図を見たら日本の方が16年までだったら販売台数は多いです、勿論人工を考えたら同じ割合かもしれません(日本人工=1.27億人 英国=6564万人)ですから。

それでも同じ割合ぐらいで、尚且つ東京都のみだったら可能だと思うんですよね。

実際どのぐらいになるかはわかりませんけど、あとバイクはどうなるんや!?

トコトンやさしい電気自動車の本第2版 (B&Tブックス) [ 廣田幸嗣 ]

価格:1,620円
(2018/1/7 13:09時点)
感想(0件)

Google

Google

-バイク・車
-,

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.