時事ネタ

平昌五輪終了、日本過去最高のメダルを獲得(15個)

投稿日:

平昌(ピョンチャン)冬季五輪最終日の25日、最終種目のノルディックスキー距離・女子30キロで37歳のマリット・ビョルゲン(ノルウェー)が金メダルを獲得。冬季五輪史上最多記録を更新する15個目のメダルを手にし、これで全種目のメダルが決まった。日本からただ1人出場した石田正子(JR北海道)は10位だった。

今大会、日本勢が獲得したメダルは金4、銀5、銅4の計13個で確定し、冬季では1998年の長野大会の10個を超えて1大会最多となった。メダル獲得総数の1位はノルウェーの39個。開催国の韓国も過去最多の17個だった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000043-asahi-spo

今回は今まで以上に話題になってるオリンピックだと思ってましたが、メダル数が過去最高とのことで。選手の皆様、現地まで応援に行った方お疲れ様でした。

Google

Google

-時事ネタ
-

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.