時事ネタ

小説・音楽の著作権保護期間を50年から70年へ・・・

投稿日:

政府は小説や音楽の著作権の保護期間を現行より20年長い「作者の死後70年」にする著作権法の改正案を今国会に提出する方針を10日までに固めた。没年が1970年の三島由紀夫や72年の川端康成ら昭和の文豪の作品の一部は数年内に著作権が切れてインターネットなどで無料公開できる見込みだったが、70年に延長されると先延ばしになる。

1970年に制定された現行の著作権法は「死後50年」で、改正されればおよそ半世紀ぶりとなる。

著作権の保護期間は1990年代に欧米の多くの国が「70年」に延ばしている。日本では「遺族を含めた著作権者の利益を守るべき」との主張がある一方、「過去の作品を広く社会が活用するために延長すべきでない」など反対論も強く、文学作品や音楽は「50年」のままだ。

例えば65年に死去した谷崎潤一郎や江戸川乱歩の作品は2015年から許諾なしでインターネットでの無料公開などが可能になった。

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉では米国の要求に応じ、保護期間を文学作品を含め死後70年以上に統一することで合意した。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26794210Q8A210C1CR8000/

ネットの反応

・著作者は子を成す理由の一つになり得るし良いんじゃ無い?
 ただ音楽に関して著作者の後継が居なかった場合にJASRACが
 全部もらい受ける、とかなら絶対に止めて欲しいな

・死後の延長とか利権の強化でしかないやん
 よくこんな露骨な事できるな

・まぁ著作権無視とか平気でやってる奴等には悲報なんだろう

・要はその作品を知ってる当時の人間が全部死んで作品価値が化石になるまでってことだろ

・騒ぐのは著作権無視するアホぐらいだろ

パブリックドメイン(Wikipedia)

実際これって何が問題なのでしょうか・・・

Google

Google

-時事ネタ
-,

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.