パソコン・ガジェット

スマホ世代「ローマ字で変換すると頭を使う」

投稿日:

大学などで卒業論文や就職活動の準備が本格化する中、ワードやエクセルを使えなかったり、キーボードが苦手だったり、パソコン操作に苦戦する学生が増えている。小学時代からパソコン教育を受けた“ネーティブ世代”だが、スマートフォンの普及でパソコンとは疎遠になっている学生も多いという。各大学はキャリア支援の一環で、パソコンの課外講座を開くなど習得を支援。大学生向けの「学割」を設ける民間のパソコン教室や、入社後に研修を実施する企業も増えている。(広畑千春)

 神戸市内の大学の研究室。男子大学生(22)が、指導教官のアドバイスを受けながら、たどたどしい手つきでパソコンを操作する。高校1年のとき、初めて持った携帯電話はスマホ。以来、インターネット検索から動画、メールの利用までほぼスマホに頼ってきた。「スマホの文字入力の方が楽。パソコンはキーの場所も覚えていないし、ローマ字で変換すると頭を使う」と苦笑いを浮かべる

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000018-kobenext-sci

最近よく話題になる「パソコンが使えない」若者、スマホの利便性の高さからパソコンが使えず企業が対策検討など社会問題になっている。

スマホとパソコンの壁を今後どう解消していくのか管理人にはわからないです、若者が苦労してパソコンの使い方を覚えていくのか、それとも別の機器が出てくるのか・・・

タイピングだけの問題で行くと現在アプリや機器を通して、スマホのフリック入力をパソコンのキーボード代わりにする物が出ていたりするが、まだまだ互換性が悪かったりアプリが不安定、そして何より設定がめんどくさかったりする。

これらが解決されたらある程度はマシになるのでは?と思う。

PC上でフリック入力を可能にする「FlickTyper」↓

現在Bluetooth接続版も販売されており「iPhone」「Android」両者に対応している、PC側も「Windows」「MacOS」に対応。特許申請中とのこと。

Google

Google

-パソコン・ガジェット
-, , ,

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.