バイク・車

【名車】ホンダ「ビート」の部品再販決定!

投稿日:

ビートは、1991年5月に誕生し、今年で26年を迎えました。(2017年現在)

Hondaとしても「ビートをより長く楽しんでいただきたい」という想いで、

この度、一部純正部品の生産を再開することを決定しました。

生産再開が決定した部品から順次公開いたしますので、

是非、Honda純正部品をご使用ください。

公式サイトより

現在再販が決まっている物

・フューエルシステム
・ヘッドライト
・テールライト/ライセンスライト
・ヒーターブロアー
・タイヤ/ホイールディスク
・リヤーブレーキ
・フロントブレーキ
・ペダル
・クラッチマスターシリンダー
・フロントロアーアーム
・フロントダンパー
・リヤーロアーアーム
・リヤーダンパー
・ステアリングギヤーボックス
・ソフトトップ
・リヤートレイマット
・シートベルト
・エンブレム/コーションラベル
・モールディング
・バンパー
・エンジンマウント
・アウターパネル/リヤーフェンダー
・フロントフェンダー
・ボンネット
・ドアーガラス/ドアーレギュレーター
・ドアーロック
・トランクリッド
・エアコン(ホース/パイプ)
・インテークマニホールド
・エキゾーストマニホールド
・エンジン
・シンダーヘッドカバー
・カムシャフト/タイミングベルト
・シリンダーブロック
・ウォーターホース
・ピストン/クランクシャフト
・トランスミッションケース
・クラッチレリーズ
・カウンターシャフト
・シフトレバー

となっております。

現在中古市場でも安い物はかなりの状態ですが、これにより中古市場の状態が悪い物も値上がりする可能性があります。

個人的に純正ホイールの復活と、ソフトトップの復活は大きいと思っています。純正ホイールが結構好きなのですが中古で出回っている物は改造品ばかり・・・

また痛んでるソフトトップが多く、オーダーするとかなりの金額になりますが、純正品が復活するとのことです。

バンパー周りは雨で錆やすいのが特徴ですが、その周辺も再販されます。

これで一つビートを買う理由ができました、管理人の親父が元ビート乗りで絶賛されてました。

Google

Google

-バイク・車
-, ,

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.