アニメ情報

「宇宙よりも遠い場所」で5年苦しんだ鬱を克服した外国人

投稿日:

5年以上も「うつ病」に苦しんでいた、ReuInuzuka氏。しかしマッドハウス制作のアニメ『宇宙よりも遠い場所』を観たことで、自分の暗い人生に新たな光を見出したようです。

海外掲示板redditにて自身の体験談を投稿していました。

17歳の頃に父親が他界したことで、精神的に参ってしまったReuInuzuka氏。そこからうつ病を発症。カウンセリングに通いますが、日常生活にも支障を来す毎日が続いていました。

そんな絶望の淵にいる時にたまたま巡り合ったのが、アニメ『宇宙よりも遠い場所』でした。

青春を謳歌しようとする主人公・玉木マリの性格は人生を怠惰に生きていたReuInuzuka氏の胸をぐさりと突き、また南極で母親を失った小淵沢報瀬にも自分の境遇を重ねることに。

人生の淀みから抜け出すため自分には何が出来るのか、必死にもがき、生きる価値を見出す方法をこのアニメが教えてくれたと言います。

出典:http://yurukuyaru.com/archives/75565883.html(ユルクヤル様より)

 

嘘松かどうかは置いておいて、やはりアニメは感情の動かせるコンテンツであるかと。アニメだけにかかわらず物語・創作は感情を動かせる素晴らしい物だと思います。

 

Google

Google

-アニメ情報
-, ,

Copyright© オタクな世界(オタセカ) , 2018 All Rights Reserved.